代表挨拶

オーベルジュぱざぱは障害者総合支援法に基づく指定短期入所施設として平成29年2月、板橋区高島平7丁目にて定員6名(個室6部屋)で開所いたしました。板橋区内ではあまり知名度の高くない短期入所施設、今でこそ板橋区内には8施設の短期入所施設がございますが、開所当時としては短期入所の運営はやっていけるのだろうかとの不安で一杯のスタートでした。しかし予想に反して見学や面談希望が連日続きました。嬉しい悲鳴とはこの事とも思いましたが、当初の運営計画を上回るご利用者様の来所により、開業後10ヶ月を経過した頃には満室に伴うお断りするケースが増えてまいりました。
各ご家庭の緊急性を鑑みる責務が伴う短期入所施設として、いかにご利用者様のご家庭にご迷惑を掛けないようにするか、居室の工面をしながらの運営が続きました。また、平成30年4月には一部法改正され、緊急時に限っては定員を超えての受け入れが可能となりましたが、それでも週末や各ご利用者様の通所先の休所日等は緊急に緊急が重なり、緊急ご利用希望すら受け入れが難しくなりました。
何とか打開策を思案してまいりましたが、部屋数を増やす以外に方法が無いとの結論に至りました。全くゼロから「障害者施設開業の産みの苦しみ」を嫌と言うほど痛感させられながらも開業に辿り着き、ペンションの様に可愛いく完成した施設はスタッフ全員が愛着を持ち毎日楽しく仕事をしていましたが、断腸の思いで閉所して新しい施設を同区内の徳丸7丁目に作り再出発をしました。施設は設計の段階から障害者のいらっしゃるご家庭のお声を様々な方面から頂戴し、建築に反映させていただきました。
新施設は200㎡強のスペースで、知的及び精神のご利用者様と身体障害のご利用者様のエリアを完全に分けて独立した部屋割りと致しました。特に身体障害者用スペースは微力ながら弊社として最大限に車椅子の方を受け入れる配慮を致しました。居室を始め、お風呂やトイレもご利用者様の特性に合わせ「安心・安全・清潔・楽しく」を第一優先に作りました。
さて、移転前の高島平の旧短期入所施設ですが、移転後は男子6名ユニットのグループホームとして継続運営を続けて参りましたが、令和3年12月に現在の徳丸の短期入所施設の隣のビルに高島平の全ての機能を移転させ、グループホームの男女及びご利用者様の特性を踏まえユニットの再構築も致しました。旧体制下では距離的な問題で徳丸スタッフと高島平スタッフが分断されておりましたが、1ヶ所に施設を集約させる事によりスタッフ配置体制や短期入所とグループホームの食事の仕込みのセントラルキッチン体制など、合理化と人員増強を図ることに成功いたしました。
施設や体制は変われど、ご利用者様へ対するスタッフのホスピタリティー性は変わらず運営に全力を注がせていただく所存です。オーベルジュぱざぱを末永くご愛顧いただけますよう従業者一同、よろしくお願い申し上げます。
令和4年吉日

株式会社イグレックコーポレーション 代表取締役 横田洋美

Contact


ご利用についてのお問い合わせはこちらから



オーベルジュぱざぱ
Auberge Pas à pas


短期入所施設(ショートステイ)
〒175-0083
東京都板橋区徳丸7-2-4
7CaratState102号室



メゾンドぱざぱ
 Pour homme


共同生活援助(グループホーム)
〒175-0083
東京都板橋区徳丸7-3-1
PascalⅢ 1F



メゾンドぱざぱ 
Pour homme ドゥージェーム


共同生活援助(グループホーム)
〒175-0083
東京都板橋区徳丸7-2-4
7CaratState204号室



メゾンドぱざぱ
 Pour femme


共同生活援助(グループホーム)
〒175-0083
東京都板橋区徳丸7-3-1
PascalⅢ 2F